野いばら草子

道端のオールドローズ
       〜薔薇を中心に日々を淡々と〜
<< April 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | permalink | - | -
<< 秋2 | main | 新しい年 >>

秋から冬へ〜2012

     秋の歌(落葉)
                                              
                        Paul verlane (上田 敏 訳)

  
   秋の日の
   ヰ゛オロンの
   ためいきの
   ひたぶるに
   身にしみて
   うら悲し。

   鐘のおとに
   胸ふたぎ
   色かへて
   涙ぐむ
   過ぎし日の
   おもひでや。

   げにわれは
   うらぶれて
   ここかしこ
   さだめなく
   とび散らふ
   落葉かな。
   





秋を感じたら、余韻に浸る間もなく冬へ
半月後の山は雪景色です



   山のあなた

               Carl  Busse (上田 敏 訳)

    山のあなたの空遠く
    「幸い」住むと人のいう。
    ああ、われひとと尋(ト)めゆきて
    涙さしぐみかえりきぬ。
    山のあなたになお遠く
    「幸い」住むと人のいう


2012、晩秋から冬へ。
あまりにもめまぐるしく過ぎた日々でした。
思考の断片 | permalink | comments(2) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

- | permalink | - | -

この記事に対するコメント

やっと一息がつけたところでしょうか。きばってきた心もカラダの力も、このおやすみはすっかりとゆるめられるといいですね。
またお会いしましょう。
良いお年をね。
mayumin | 2012/12/30 4:46 PM
mayumin、ご無沙汰です。
コメントありがとう。
先週やっと一つの節目が終わりました。
ほんの少し一息ついてます。
そちらはお元気ですか?
またパワーを分けてもらわなきゃ!!
今年もよろしくね。
いばら | 2013/01/22 12:56 AM
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://noibarazousi.jugem.jp/trackback/316
この記事に対するトラックバック